SAMPLE IMAGE この画像は差し替えてご利用ください

研修の目的

企業には、「この理念を達成したい」「このような業績をあげたい」という目的・目標があります。その目標を達成するために、足りない知識やスキルを提供するのが研修です。つまり、研修は企業の目的・目標を達成するための手段なのです。ですので、研修を実施する場合は目的を明確にしないと何をするのかが決まりません。

 

研修の目的を達成するためには、内容や進め方・フォローも大切になります。

目的を達成できるような研修内容にすることが必要です。外部の研修に派遣した場合は100%合致することは難しくなります。時間がかかっても研修を担当する講師と話し合い、何度も詰めながら一緒に研修を作っていくことが大切です。

 

進め方も、単に講義で知識を詰め込むだけでは頭でっかちな受講生を生み出すだけです。研修内容を、いかに自分の業務と関連させて考えられるか、そのヒントを提供する必要があります。そのため、演習やロールプレーイング、個人ワーク、実例などを使用して、感じて考える瞬間を多くしていきます。

 

社員は研修を受講しただけでは仕事の成果は出ません。研修を受講し、気付きを得て行動が変わることで、より大きな成果につながります。そのために、どのようなフォローを行うのかも知恵を絞る必要があります。

 

まとめると、研修を作成・実施する際には以下の点が必要になります。

研修を作成する時は、企業理念や会社目標を含めた研修プログラムを作成する。

研修の目的を達成できる研修内容にする。

研修内容は講義だけではなく、演習やロールプレーイングなども行い、頭と身体で理解できるように進める。

受講生が、研修で学んだことを行動に移し成果を得るという成功体験を積めるような仕組み作りを作る。