SAMPLE IMAGE この画像は差し替えてご利用ください

モチベーションアップ|みんなを元気にする個人理念スペシャリスト|セルフビジョン作成セミナー|仕事の素晴らしさ|

社長がやることに不平不満が多い (火, 23 4月 2019)
スマホの方はこちらからご覧ください。 https://www.facebook.com/zinzaikaihatu/ こんばんは。   理念スペシャリストの水内です。         社員はとかく経営者が決めることに対して不平不満を言い   たがるものです。「そんなに言うなら、おまえがやれ」と   言いたくなってしまいます。         しかしそれでは責任逃れになるだけなので、今日はその   問題について考えてみましょう。         社員が戦略や施策について不平不満を言う場合は、戦略や   施策そのものについて言っている場合は少ないのです。   その戦略を行うことで会社がどちらの方向に進もうとして   いるのかが分からず不安になっている場合が多いです。   何となくは会社がこちらの方向に進もうとしているのは   社員は分かりますが、明確に理解できていないのです。   不安が不平不満になっているだけなのです。         経営者は自分の利益だけのために戦略や施策を立てている   わけではありません。「儲かる=他人の問題を解決する」   ということですから、戦略によって多くの人が抱えている   問題を解決しようとしているのです。それが伝わって   いないのです。         この問題を解決するのが「企業理念」です。         「この戦略や施策を行うのは、企業理念達成のためです」   と話し、その戦略がなぜ企業理念達成に関係があるのかを   説明すれば、社員は納得するはずです。         戦略や施策は全て企業理念達成のためにあるはずです。   それを経営者と社員が理解できていれば、戦略や施策に   対して意見は出たとしても不平不満は出ないはずです。   社員にその点をしっかりと伝えましょう。         【今日のポイント】   企業理念があれば、会社の方向性が見え前向きになる。       ※来週はお休みします。   ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※               水内浩秀のセルフビジョン                 みんなを笑顔に!                広げよう、笑顔の輪!!   ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
>> 続きを読む

会議が長い (Tue, 16 Apr 2019)
スマホの方はこちらからご覧ください。 https://www.facebook.com/zinzaikaihatu/   おはようございます。   理念スペシャリストの水内です。         今日は「会議が長い」という問題について考えたいと   思います。時間もですが、内容も問題がありそうですね。   会議が長い理由はいくつか考えられます。例えば、   事前に準備が不十分で出席者が会議に来て初めて内容を   知るなどは長くなる理由の一つです。         比較的活発に意見が出て会議が長くなるような場合も   あります。一見すると、これは良い会議のように   思います。社員が積極的に意見を出し合っているように   見えます。ただ、これは社員が自分が好き勝手に意見を   出しているという考えも出来ます。         自分の思い通りに意見を出せば、多くの場合は良い   意見である場合が多く、出た意見の数だけ選択肢が   増えます。         問題は、社員は何を考えの軸として意見を出している   かということです。一人一人が違った判断基準で意見を   出すと、収拾がつかなくなります。アイデア出しの時は   それでも結構ですが、テーマに沿って話す場合はそれ   では具合が悪くなります。         会議でテーマに沿って話す時の一つの強力な武器は   「企業理念」です。         意見が出た時に「企業理念から考えて今の意見はどう思う?」   と他の社員の意見を聞いてみると、常に判断基準が明確に   なります。         この言葉を繰り返すことで、考えの基準が統一されて、   自然と企業理念から考え、会議がブレることなく進みます。   そして早く終わります。         内容が濃くて、時間が短い会議を行うことが出来ます。   ぜひこの言葉を使ってください。       【今日のポイント】   企業理念は会議の内容を濃くして、時間を短くする。     ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※               水内浩秀のセルフビジョン                 みんなを笑顔に!                広げよう、笑顔の輪!!   ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
>> 続きを読む

CSなくしてESなし (Wed, 10 Apr 2019)
スマホの方はこちらからご覧ください。 https://www.facebook.com/zinzaikaihatu/ こんばんは。   理念スペシャリストの水内です。         今日は「ESとCSとどちらが重要か」を考えたいと思います。   従業員満足かお客様満足がどちらが重要かということです。   「ESなくしてCSなし」という言葉があります。         これは本当でしょうか?         これは本当である場合もありますし、本当ではない場合も   あります。         これは違う言葉で言うと、「環境が整わないと仕事が   出来ないよ」ということになります。外からの刺激がない   と仕事が出来ませんという外発的動機づけに頼っている   人が多い組織に大変向いています。ですのでアルバイトが   多い会社では非常に有効です。         しかし社員がこれでは困るのです。社員が外から動機づけ   してもらわないと仕事をしないのでは、その会社はいつか   必ず潰れてしまいます。         社員には内発的動機づけが出来て、仕事を楽しんでやって   もらえるような状態を作る必要があります。そうでないと、   新しいアイデアも出てこないですし、ビジネスが発展して   いきません。         私が考える一番のESは「会社を存続」させることです。   経営者はそこを理解してください。         そのための一つの強力な武器として「企業理念」が   あります。         企業理念と行動指針を決めて行動することで、本当の   仕事の意味や自分の貢献度が分かり、仕事を通して存在   意義を感じるようになります。その繰り返しで、少し   ずつ内発的動機づけが出来るようになります。         経営者としても、社員がそのような状態になるように、   社員が全力で仕事が出来るような環境を作ることは当然の   ことです。社員の健康に留意し、内発的動機づけが出来る   ようになるために何が必要なのかを考える必要があります。         ここまでを理解した上で、「CSなくしてESなし」の状態を   作り上げてください。         【今日のポイント】   企業理念は社員のレベルを上げる。   ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※              水内浩秀のセルフビジョン                みんなを笑顔に!               広げよう、笑顔の輪!!   ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
>> 続きを読む

社員が勝手なことばかり言う (Tue, 02 Apr 2019)
スマホの方はこちらからご覧ください。 https://www.facebook.com/zinzaikaihatu/       おはようございます。   理念スペシャリストの水内です。         4月に入り毎年恒例の新卒新入社員をよく見かけます。   就活生と混じって誰が新入社員で誰が就活生が分から   ない状態ですね。新入社員もまだまだ社会人には   見えないですね。         今日は「社員が勝手なことばかり言う」問題について   考えましょう。         「親の心、子知らず」といいますが、会社も同じ状態に   よくなります。経営者は常にお客様や社員のことを   考えているのに、その想いが伝わらず社員は不平不満   ばかり言ってイライラします。         特に働き方改革によって、制度面ばかりに目が行って   しまって本質が見えていない社員も多いです。会社は   潰れるものであることを自覚する必要があると思ったり   もします。         それはさておき、経営者と社員は物事を判断する視点が   違いますので、勝手なことをいうのは当たり前なのです。   経営者は常に会社の存続を考えていますし、社員は自分   中心に考えてます。立場が違うので、経営者はそれは   諦めましょう。         それを踏まえた上で、少しでも経営者と社員の視点を   寄せていくためには何をすれば良いのでしょうか?         実はこれも「企業理念」なのです。         社員の視点をお客様や会社全体に向けていく必要が   あります。社員の視点を「自分」からより広くしていく   必要があります。もちろん社員自身のことを考えることも   大切ですが、仕事ではそれだけでは十分ではありません。         社員の視点を上げるためには、企業理念と行動指針を   決めて、行動していくことが必要です。それによって、   社員も目指すべき方向も理解できて、自分が会社や社会に   いかに貢献しているかも分かります。そして存在意義を   感じるようになります。そのような状態になって初めて、   同じ視点で話が出来るようになります。         企業理念を作り浸透させて、企業理念を軸に話が出来る   環境を作りましょう。         【今日のポイント】   企業理念は経営者と社員の距離を縮める。         ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※               水内浩秀のセルフビジョン                 みんなを笑顔に!                広げよう、笑顔の輪!!   ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
>> 続きを読む

社員が思い通りに動かない (Tue, 26 Mar 2019)
スマホの方はこちらからご覧ください。 https://www.facebook.com/zinzaikaihatu/   おはようございます。   理念スペシャリストの水内です。         今日は「社員が思い通りに動かない」問題について考えます。   これもよくあることで、経営者としてかなりストレス度数が高く   なる時ですね。私も会社で管理職をしていた時には非常に   イライラしていました。         社員がこちらの考えた通りに動いてくれないと、全ての   スケジュールが変わってしまいますし、場合によっては会社に   大きな損害を与えてしまう場合もあります。         なぜ社員が思い通りに動かないのでしょうか?例えば、   ・どこまでやって良いか分からない   ・何を期待されているか分からない   ・経営者や上司の指示があやふや   ・出来上がり状態が分からない   などが代表的な理由でしょう。   一言で言うと、社員が「行動の基準」を理解していないのです。   どこまで何をやるべきなのかが分からないと、行動は取れ   ません。         ここでも「企業理念」が必要になります。   先週、企業理念を考える基準にする必要性を紹介しました。   それと同じく、行動も取って良い行動と悪い行動を明確にする   必要があります。         それが「企業理念」なのです。         ただ、ここで勘違いしてはいけないのが、企業理念を作れば   社員が思い通りに動くかと言えば、決してそうではありません。   企業理念に沿った行動とはどのような行動かを明確にする   ことが大切です。自分の仕事に当てはめたらどのような行動が   企業理念になるのか、ということを一人一人が明確になった   時に自然と社員は経営者の思い通りに動いてくれるように   なります。         【今日のポイント】   企業理念は考える基準と行動の基準を明確にする。   ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※               水内浩秀のセルフビジョン                 みんなを笑顔に!                広げよう、笑顔の輪!!   ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
>> 続きを読む