SAMPLE IMAGE この画像は差し替えてご利用ください

研修の進め方

「自分のなりたい姿」は決して他人に強制されるものではありません。自分でしか見つけることが出来ません。

自己と対話をしていただくために、

個人ワークが中心

個人ワークの時間を利用して、簡単な個人面談も実施し、「なりたい姿」を考えるヒントにしていただきます。また、「仕事の価値」を考える時も、まずは仕事の目的を自ら考えることから始まります。このようにセルフビジョン研修は、まず「自分で考える」というステップからスタートします。

グループディスカッションを活用

なりたい姿に近付くための方法について、一人で考えるとどうしても現実範囲から抜け出せない傾向にありますので、数名でグループを組み、アイデア出しを行います。一人が「なりたい自分」と「何をしていくのか」を発表し、それに対して他のメンバーが「こういう方法もある」「こうした方が良いのでは」というアイデアを提供し、アクションプランの参考にしていただきます。

フォロー方法

研修中は自分のことをしっかりと見つめ直し、考えもまとまり、モチベーションが非常にアップしている状態です。

しかし、現実に戻ると仕事の波に飲み込まれたり、アクションプランを実施する時間が取れなかったりします。これは非常に残念なことです。せっかく「なりたい自分」を作成したとしても、元の木阿弥になってしまいます。

それを回避するために、メールでのフォローを実施します。

研修後3ヶ月の間、2週間に一度メルマガを送信します。(5回送信)

研修後3ヶ月間はメールでの相談は無制限で受けます

研修後1ヶ月後と3ヶ月後にメールで、「アクションプランの進捗状況」と「現状の悩み」について確認します

 研修を「イベント」に終わらせない仕掛けを作成しています。